節約主婦のススメ!喘息予防ならアドエアよりセロフロがお得

喘息に対する成分の作用

アドエアとは有効成分フルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩を主成分とした吸入薬です。
気道を広げることによって炎症を改善させる治療薬です。
グラクソ・スミスクライン株式会社が開発販売しております。
喘息などの場合、気道が慢性炎症の状態であると考えられており、炎症のせいで気管支などが敏感になってしまい、少量の刺激でも気道が狭くなってしまいます。
そして発作がおき、咳が出たり息苦しくなってしまうのです。
アドエアに含まれているフルチカゾンプロピオン酸エステルはステロイドの一種であり、非常に強い抗炎症作用が期待できます。
炎症が抑えられることで咳やヒューヒューと言った状態が改善されるのです。
ステロイドが含まれているので吸入した後は必ずうがいや口をゆすいだりします。
口の中に残ることで副作用を引き起こす可能性もあるので要注意です。
もう1つの有効成分サルメテロールキシナホ酸塩は気管支拡張作用があります。
β2刺激薬と言われており、気道を広げてくれて呼吸をしやすくしてくれます。
この2種類の有効成分により、相乗効果が生まれ喘息などが出ないようにしてくれるのです。
海外における臨床試験では3500人を対象とし、喘息の症状が改善された人は75%に及びます。
この数字は非常に高い効果が期待できる数字です。
使用方法ですが、吸入キッドから吸入し、使用後口をゆすぎます。
今では紫のボールのようなケースに入っており、昔よりポップなイメージになりました。
予防としては毎日同じような時間に規則的に吸入いたしましょう。
1日二回、12時間間をあけ朝晩使用いたします。
もし副作用が出た場合は必ず医師や医療機関に相談しましょう。
アドエアにはジェネリック医薬品が存在します。
ジェネリック医薬品とは先発薬に対して全く同じ有効成分で後発薬として再開発されたものです。
元々ある有効成分を使用していることから開発費が安く済み、販売価格も安く提供できるのです。
セロフロというインドのシプラ社が開発したジェネリック薬品があります。
セロフロも全く同じ有効成分が含まれているので、喘息にも予防にも大変効果的です。
インドではジェネリック薬品が大変盛んに流通しており、扱っている製薬会社も多いです。
効能効果が同じで値段が安いのであればジェネリックを選択する人も多いわけです。