節約主婦のススメ!喘息予防ならアドエアよりセロフロがお得

喘息の原因

喘息とは、気管支が炎症を起してしまうことによって結果、気管支を狭めてしまうことによって咳などの発作を起してしまうことを言います。
また一時的な炎症ではなく、慢性的に炎症を起してしまっているため、気管支が刺激に弱い状態となるため少しのことで炎症を強めてしまい発作がおこるようになります。
症状としては、ノドがゼーゼーしたりヒューヒューと抜けるような音がし喘鳴というものがおこったり、発作的に激しく咳き込んでしまうことや胸の痛み、背中の張り、呼吸困難、動悸・息切れなどが挙げられ、近年では喘息持ちの方が急激に増え、今では400万人を超す患者数とも言われており、アレルゲンの増加や大気汚染あるいは過労やストレスなど環境的な要因による影響が症状増加の原因と考えられています。
また幼少期で発作を起す場合は、そのほとんどがアレルギーとされていますが、成人を超えてからおこるものに関しては明確なことはわかっておらず、何がきっかけでおこるのか分からないこともあります。
原因には幾つかあり、環境的なものとしてたばこや天候あるいは気温の変化、大気汚染、香水の匂いなどが挙げられます。
また最も多い原因がアレルギーであり、アレルゲンとなるものは、ほこりなどのハウスダストをはじめ花粉やダニ、ペットの毛、食べ物などが挙げられ、こういったアレルゲンは生活の中には必ずあるものなので発作を誘因してしまいやすくします。
ダニなどは特に多いと言われているため、予防の方法として5大原則があり洗う、覆う、拭く、除く、除湿することが重要となり、ダニは高温多湿の場所を好むため絨毯や布団で繁殖しやすくなるため、5つの原則を使って綺麗な環境を整えるようにしてください。
また、対策として重要となるのが自己管理であり、万が一突然発作に襲われてしまった場合には呼吸困難によって死につながることもあるため吸入器などを常備し対応できるようにしておきましょう。